Pocket

出っ歯でも実際にほうれい線ができない方法を

やっていた人が身近にいました。

 

私のいとこなのですが、

出っ歯にずっと悩んでいました。

ほうれい線もできたらどうしようとも考えていたそうです。

 

出っ歯が治るとほうれい線も治るケースはあるのですが、

今回は逆の発想からお話していきます。

 

出っ歯を治すのが先ではない

従姉妹が実践したことは出っ歯を治すのではなく、

「ほうれい線を作らないこと」を優先したのです。

 

出っ歯の人のほうれい線予防策とは?

出っ歯の人は、

歯茎で皮膚が引っ張られることによって、

ほうれい線ができやすいと言われています。

 

ですが予防策も存在したのです。

 

それは、

「出っ歯を隠さないこと」です。

 

出っ歯を気にしてる人にとってはつらいことですが、

ほうれい線を作らないためには重要なのです。

 

出っ歯を隠そうとすると、

歯茎がより引っ張られてほうれい線ができやすい肌に

なってしまいます。

 

それを止めるには、

出っ歯を隠そうとせずに自然の状態にしておくことで、

歯茎が肌を引っ張る力を弱めてあげるしかありません。

出っ歯でもほうれい線を作らない

出っ歯はずっとそのまま放置?

では、

出っ歯はずっとそのままにしておくのかというと、

そうではありません。

 

まずはほうれい線を作らないことができたら、

次にすることが出っ歯の矯正です。

 

つまり今までは、

「出っ歯の矯正→ほうれい線が治る」という考えだったのが、

従姉妹がとった方法は、

「ほうれい線ができにくい肌を作る→出っ歯の矯正」だったの

です。

 

出っ歯の矯正のタイミングは?

まずはお肌のケアから

まずはお肌のケアを十分にしておくことです。

  • 肌の水分補給
  • 保湿をしっかりと

 

この2点だけは守る必要があると思います。

 

これさえ守っておけば、

とりあえず肌の老化はある程度防げます。

 

出っ歯の矯正へ

それから出っ歯の矯正に移るわけですが、

この矯正のタイミングは人それぞれです。

 

「なんだ?それ」って思われた方もいると

思います。

 

しかしここでいう「人それぞれ」は、

「矯正歯科機関に徹底的に相談すること」です。

 

従姉妹がここで重要視したのは、

  • 良い矯正歯科医を探す
  • 納得のいくまで矯正はしない

 

この2つには時間を惜しまないことだと

言っていました。

 

つまり、

出っ歯について徹底的に調べたり相談したりしながら、

肌のケアを怠らないことが大事なんですね。

 

それと、

その間は出っ歯を隠そうとしないことも必要なことです。

 

この逆からの発想によって、

ほうれい線を作らず出っ歯の矯正もできたわけです。

 

 

 

いかがでしたか?

今回は私の従姉妹の例を出し、

「出っ歯でもほうれい線ができなかった事例」を

紹介してきました。

 

出っ歯というのは人それぞれなので、

慎重に行ってください。

 

その上で参考にしていただければ幸いです。