ほうれい線は割り箸を使うと治るって本当?

ほうれい線の自宅ケア方法

ほうれい線やシワって本当に気になりますよね?

最近のエステではほうれい線改善プログラムを

組んでいる所も多いそうです。

 

ですが、

本当なら自宅で気軽に治したいですよね?

そこで今回は、

口コミでも評判になっている、

「割り箸使ってほうれい線を無くす」という方法を

ご紹介したいと思います。

 

割り箸でほうれい線が消えることってあるの?

割り箸はどういうほうれい線に効くの?

ほうれい線ができる原因は様々です。

老化・猫背・疲れ目・肩こりなど、挙げたら結構あります。

 

ですが大きく分類すると2つなのです。

「体やお肌のコリ」と「水分不足」に分けられます。

 

体やお肌のコリ

猫背や疲れ目によってコリが生じると、

肌の筋肉も固くなってしまいます。

 

筋肉の固さがたるみを生み出し、

それがほうれい線やシワとなって現れます。

 

水分不足

老化によって肌の水分は失われていきます。

よく耳にする、

「みずみずしい肌」ではなくなってくるのです。

 

そうなるとカサつきが生じてきて、

やはりシワやほうれい線を作ってしまいます。

 

この2つなのですが、

今回の割り箸を使用する方法は、

「筋肉のコリからくるほうれい線」に

焦点を当てた方法です。

 

実際に効いたという口コミはあるの?

正直色々調べてびっくりしました。

「割り箸を使うだけでほうれい線が消えた」という人が

結構いるのです。

 

ただし、

毎日コツコツとする必要があります。

何事も継続ですね。

 

割り箸をどういう風に使うの?

これはとても簡単です。

 

1.口に割り箸をくわえる

2.口の両端を割り箸より高い位置に持ち上げる

3.そのまま30秒キープ

4.1~3を1日5回続ける

 

これだけです。

本当に簡単ですよね?

割り箸でほうれい線を消す

なぜこれでほうれい線に効果があるの?

割り箸は直接どこに作用するの?

言うまでもありませんが、

ほうれい線は、

「頬から口の端にそってできるシワ」ですよね?

 

つまりその周辺の筋肉を動かすと、

肌の筋肉が柔らかくなりシワもできにくくなります。

 

この割り箸を使った方法は、

口角(口の両端)を持ち上げてくれます。

 

口角が上がることによって筋肉がほぐれて、

ほうれい線やシワができにくい肌となるのです。

 

口角がまた垂れ下がってこない?

筋肉のコリをほっておいたら、

また口角が下がってしまいますよね?

 

それによって、

再びシワができやすい肌になりやすく

なるのは間違いないでしょう。

 

ですから、

これは継続していくしかないのです。

夜に1回するだけでも、

毎日していると口角は引き締まっていきます。

 

そうすることによって、

ほうれい線ができにくい肌を保つことが

できるでしょう。

 

 

 

いかがでしたか?

今回は「割り箸を使ったほうれい線の治し方」

についてお話しました。

 

一度試されてはいかがでしょうか。

 


このページを最後まで読んでいただき、

ありがとうございます。

これからもお役にたてるような情報を

提供できるように頑張っていきます。

下のバナーをクリックしていただけると

ブログ更新の励みになります。

もしよろしければお願いいたします。

にほんブログ村 美容ブログ ほうれい線へ



ページの先頭へ